July 1st - Happy Birthday to our angel Ryo~ 28 forever…

大野智:人に対してより、自分にイラっとすることはあるかな。自分で決めたことが守れなかったりすると、”自分ダメじゃん”って(笑)。やっぱり、意思の弱さが出たときはダメだね。

Ohno Satoshi: I’m much more likely to get angry at myself than at others. Whenever I fail to accomplish what I’ve decided to achieve, I feel like, ‘Ah… I’m no good.’ *laugh* After all, one who’s mentally weak is no good.

大野智:オレにとってファンの人たちっていうのは、もう自分と同じ存在なんだよ。みんなの存在が他人事とは思えないっていうか、自分の一部みたいな感じがしてるんだよね。みんなの幸せがオレの幸せ、応援してくれてる人全員が大野智、みたいな。

Ohno Satoshi: To me, my fans are as important and precious as myself. I don’t think of the fans as ‘others’, but parts of my own. I can only be happy when every one of you is happy, as if every one of you who supports ARASHI is Ohno Satoshi.

大野智:最初から上手いわけじゃない。向き不向きはあると思う。でも、努力次第だよ。もともとの天才はいない。努力だったり、好きでそれを極めたいと思って、それを付き通した人が天才だよ。

Ohno Satoshi: Perhaps you’re not that good from the beginning. People has their own strengths and weaknesses. It’s all about the effort. Maybe one’s not naturally gifted, but I believe those who ‘commit to the things they love and push themselves to extreme’ are what we called ‘a genius’.

kyraensui:

no-non Jan 2012

Fame [ Rising Expectations ]

“When there is a contract offered for a new production, I still think ‘Really? You’re kidding!’ There is a bigger sense of hesitation than there is joy. But then I think I learned how to emotionally prepare myself from that point on. One and only thing I try to be conscious about during work is to ‘have fun’. I don’t think about anything else. I used to feel responsible and pressured in the past, but over-thinking tires you out doesn’t it? LOL Besides, while I’m thankful for having a main part, it isn’t that special either. Because I think movies and dramas are made by gathered effort of everyone involved.”

Act [ Acting ]

I prepare myself by trying to figure out how to be expressive before acting of course. If what I do is okay then that’s fine, but if the director has a certain request, then that becomes my goal. Emotions can be controlled however I want to, so I try a different approach to reach that goal. The level of my tension differs depending on the production. For example, anything goes with Kaibutsu-kun so it’s easier. I am more nervous with serious roles. When I did stage plays, I was so very focused. “

Art [ drawing/painting ]

“I still hold very intense love for drawing/painting as I did before. I did Kaibutsu-kun related drawings when I was doing the show. There was a project I started right after that and was put on hold. I picked it up again and that’s what I’m working on. I usually set a deadline to finish a project, but this time I’m planning to keep working on it until I am satisfied. To me, art is something I can’t quit, but it also isn’t something I expect to perfect. I just want to continue drawing/painting. So it may very well not be just a hobby for me. What is it then? I don’t really know myself.”

Performance [ Expressions ]

“Performing, such as singing or dancing is also what I can lose myself in. It started out as just pure fun, and it’s not like I wanted to have my performance filmed and preserved as production or be watched by people. So it feels strange to be expected to perform as part of work. I feel lucky to have my work preserved in the form of CDs and DVDs. But I’m not suited for the “cutting it looking cool” type expression, like the photo shoot we are doing today (for this page)! Because I’m not cool and I can’t cut it. I’m probably not the type who should even attempt that. “ - translated by the wonderful song-for-me@tumblr. Thank you!

This is hot. *dies*

(via eighterwish)

大野智:ライブ前は心の中でお祈りする。「メンバーとスタッフをお守りください」って。 怪我しないように。僕はいいです。僕は全然大丈夫ですから。

Ohno Satoshi: I always pray before every LIVE starts ‘Please look after our members and staff.’ Do not injure themselves. It’s okay for myself, nothing important.

*throb*

150 days to go: REBLOG if you find it hard to believe this man is turning 33

TV Guide plus 6/29

<大野智、もうひとつの顔>

大野智は間違いなく繊細な人だ。おそらく本当は目立つのは苦手だろうし、子どもの頃から恥ずかしがり屋だったに違いない。でも、それを振り切って自分がプロとしていい仕事をしなければ、どれだけの人に迷惑がかかり、自分がどれだけ悔しい思いをするかがはっきりと想像できるから決してそう口にはしない。
そして本当の繊細とは、こまやかに働かせることの出来る想像力を言う。だから彼のこの言葉も、とても納得できた。演技の仕事について、歌やバラエティに比べてどうかと尋ねた時の答えだ。
「正直、あまりやりたくはないんだよね。苦手とか嫌いっていうのとは違う。でも、自分からやりたいのは思わないな。って言うのはね、ずーっと考えちゃうから。その芝居のことを、ずーっと」
聞けば、台本をもらうずっと前、「こういう内容の作品で、こういう役を」という最初のオファーを聞いた時点からアンテナが動き出してしまうのだという。
「自分が演じるのはどんな人なんだろうとか、それをどう表現すればいいんだろうとか。あとはその時代とか背景的なこと。とにかくいろんなことが自然に頭の中に湧いてくる」

とびきり敏感で上質な回路を持つこの人の想像力は、その作品の、その役の、うっすらとした周辺情報だけでさえ捕らえ、すっかり占領されてしまうらしい。
「歌やダンスはパッとノリで出来ちゃうところがあるでしょ。そのほうがいい場合もあるし、ライブなんてそれこそお祭りだし。でも芝居はそうじゃないから。ドラマでも舞台でも映画でも、芝居ってノリだけでは出来ないですよ。だから、舞台だったら1ヵ月の稽古、ドラマだったら何回もリハーサルをやって準備をするんだろうけど」
なぜ演技はノリだけでは出来ないのか。たとえ2時間でも架空の人物でも、誰かの人生を生きることの責任を感じて?それとも、演技というフィクションから生まれるノンフィクションの喜びを、すでに知っているから?
「その理由は……たぶん、演技って正解がないからだと思う。どんなにいろいろ考えて“こうかな”と思ってやってみても、共演者の人の呼吸もあるし、舞台だったら日によってお客さんの反応が違う。だから極めようと思って頑張ったところで、ひとりの力でできるものではないんだけど、それでもその役を極めたいんだ。正解に出来るだけ近く」

いずれにしても役者としてレベルの高い話である。しかもこの癖は最初から備わっていたものだという。
「役者の仕事で初めてやらせてもらったのは舞台だったんですけど(「プレゾン新世紀」。トリプルキャストで大抜擢され、当初は不安視されるも結果的に大好評を博した)。その時からそうでしたね。まぁ、最初は単に緊張したこともあったんだろうけど(笑)」
だから、先の大野の言葉を正確に訂正するなら、演技の仕事を「あまりやりたくない」のではなく「やると苦しくなる」のだろう。そしてここまでの話を読んだ勘のいい読者なら、きっと気付いたと思う。役者・大野智は、かなりの実力者である。

 

ぴあ2008 8.14/21

(Source: sparksofsho, via eighterwish)

miyuki-arashi:

Lovely Satoshi ♥ 

(via eighterwish)